「冬季うつはセロトニン分泌が要因」という大ウソ

精神医療
「冬のうつ」注意 夏場は普段通りだったのに… セロトニン分泌減が要因、日光浴・適度な運動を(中国新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 冬になると、気力が湧かない、いくら寝ても眠い、食べ過ぎる…。そんな心身の異変は、冬季うつ病のサインかもしれない。一般的なうつと異なる症状もあり、夏場には元気になることも多いため気付きにくい。日光を

冬季うつに関する中國新聞デジタルの記事。

冬季うつとは「冬になると、気力が湧かない、いくら寝ても眠い、食べ過ぎる…。」のような症状を指すようだが、もちろん科学的根拠はない。

少し考えればわかることだが、「冬だから気力が湧かない」のではなく、その背景には経済的な要因だったり、人間関係がうまくいかなかったりなど、何らかの具体的な理由があるはずだ。

この記事では、冬は日照時間が短く、日光を浴びる時間が夏に比べて少なくなるため、セロトニンの分泌が減り、うつ病になりやすくなるといった趣旨のことが述べられている。

しかし、これは「モノアミン仮説」といわれるもので、あくまでも仮説である。
https://www.smilenavigator.jp/utsu/about/science/

コメント

タイトルとURLをコピーしました